【B’z】ファン歴10年がオススメする、B’zの名曲ベスト10

B'z

みなさん、B’zをご存知でしょうか?
今年で結成30年、日本を代表するロックユニットですよね。

2007年には「ハリウッド・ロックウォーク」に殿堂入りするなど、名実ともに世界的なロックユニットです。

あんまりB’zは知らねぇぞって方も、『イチブトゼンブ』しか知らねぇぞって方も、この記事を見て、B’zのことを好きになったり、ちょっと聞いてみようかなぁと思っていただければ嬉しいです。

今回は、B’zが大好きなファン歴10年の私が、『オススメの名曲』を紹介します。

気になる曲があれば、
是非チェックしてみて下さいね!

まだ、B’zの曲を知らない方へ

B’zの曲をあまり知らない方は、とりあえず、大方のシングル曲が収録されている「B’z The Best XXV 1988-1998」と「B’z The Best XXV 1999-2012」、アルバム曲の人気曲が収録されている「B’z The Best “ULTRA Treasure”」を聞くことをオススメします。

そもそもB’zってどんなユニットなの?

B’zは邦楽のロックユニットです。1988年に結成されました。

「B’z」の発音は、「ビーズ」(例えば「リール」「レール」に近いもの)が一般的になっていますが、本人たちやファンは「ビィズ」と「ビ」にアクセントを置いて読んでいます(例えば「ビール」や「チーズ」に近いもの)

メンバーは2人です

・ボーカル 作詞:稲葉浩志(KOSHI INABA)
・ギター 作曲:松本孝弘(TAK MATSUMOTO)

以下、現在のサポートメンバーです

・キーボード:増田隆宣
・ドラム:シェーン・ガラース(Shane Gaalaas)
・ベース:バリー・スパークス(Barry Sparks)
・ギター:大賀好修

ボーカルの稲葉さんは横浜国立大を出ていて、数学の教員免許を持っています。
ソロでも曲を出していて、コンサートを行うなど、精力的に活動しています。

松本さんは、第53回グラミー賞を受賞するなど世界的なギタリストとして有名です。
実はあの、Mステのオープニングテーマも松本さんの演奏なんですよ!

1988年にデビューした当初、あまり曲が売れなく、順風満帆とはいかなかったようですが、1989年にリリースされた「BAD COMMUNICATION」が大ヒットを記録しました。そこから一躍スターダムにのし上がっていくわけです。

現在までのCD総売上枚数 8233,9万枚です。
凄いですねー

悪魔艦長的 B’z オススメの名曲

第10位:HOT FASHION -流行過多-

第10位は、アルバム『RISKY』から、『HOT FASHION -流行過多- 』。この曲のイントロを聴くとテンションが上がります。

この曲は初めの頃のB’zって感じがする曲です。今では聴けないから、かなり貴重ですね。

PVには、ニューヨークで腰を振って踊っている稲葉さんが映っています。

第9位:もう一度キスしたかった

第9位は『IN THE LIFE』に収録されている『もう一度キスしたかった』。

『もう一度キスしたかった』は、ベスト盤のアルバムに収録される有名曲なので、若い世代の人も聴いたことがある人がいるのではないでしょうか?

ちなみにこの『もう一度キスしたかった』は、B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 HINOTORI- でも披露されました。

第8位:NATIVE DANCE

第8位は『RUN』に収録されている、『NATIVE DANCE』。

『NATIVE DANCE』は、打ち込みを多用している楽曲で、ネイティブアメリカンの音楽のようなコーラスで歌われる箇所があります。

ライブではその箇所に振り付けがなされ、観客全員がコーラスと踊りに参加したりするんですよ!

後、この曲では、バリーさんのベースがとにかく凄いなぁと感じられますよ!特にイントロ部分!

第7位:Baby, you’re my home

続いて、第7位は『RUN』に収録されている、『Baby, you’re my home』。

心が穏やかにしてくれる内容の歌詞で、仕事終わってよし家に帰ろう!っていう時に聴くのがピッタリの名曲ではないでしょうか?

ちなみに元SMAPの草なぎ剛さんもこの曲が好きみたいですよ!

第6位:Brotherhood

第6位は『Brotherhood』に収録されている、表題曲『Brotherhood』。

B’zに関わる人々(Brother)との関係を歌っている曲です。

ライブでは曲の最後の稲葉さんのロングシャウトが恒例となっています。

こちらの曲も、B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 HINOTORI- でも披露されました。

第5位:それでも君には戻れない

第5位は『IN THE LIFE』に収録されている『それでも君には戻れない』。

仕事で忙しくて構ってあげられなかった彼女に突然ふられた、主人公の男の堕落した生活ぶりをドキュメント調に表現しています。

悪魔艦長
誰かにフラれた時に聴きたくなる曲ですねー

第4位:SAFETY LOVE

第4位は、2作目のシングル『君の中で踊りたい』に収録されている『SAFETY LOVE』。

初期の頃らしい恋愛の歌です若さが感じられるメロディーがgoodです。

『B’z SHOWCASE 2017 -B’z In Your Town-』ツアーで26年ぶりに演奏されました。

第3位:ザ・ルーズ

第3位は、『LOOSE』に収録されている『ザ・ルーズ』。

家庭教師のアルバイトをしていた大学時代の稲葉の経験をモチーフにしていて、「授業はサボりたい」「家賃なんて払いたくない」など愚痴っぽいフレーズが出てきます。タイトルもルーズとあるように、歌詞の内容も自由気ままな感じがしますね!

第2位:OH! GIRL

第2位は、『OFF THE LOCK』に収録されている『OH! GIRL』。

この曲は定期的にライブでも演奏されているので、皆さんも馴染みがある方も多いと思います。

悪魔艦長
思わず胸がキュンとなるような甘酸っぱい感じのメロディが魅力的です!時代を感じる曲ですね!

第1位:恋心 (KOI-GOKORO)

映えある、第1位は、『ZERO』に収録されている『恋心 (KOI-GOKORO)』。

ファンの人気がすごく高くて、アルバム『B’z The Best “Treasure”』の収録する曲を決めるファン投票1位になっていたりします。

サビの間、ずっと両手を上で振ったり叩いたりする振り付けがあります。

ライブでも度々披露されていて、B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 HINOTORI- では、稲葉さんが直々に振り付けをレクチャーしてくれるというシーンがありました。

悪魔艦長
ファンなら絶対覚えておきたいですね!







おすすめのWordPressテーマ「STORK(ストーク)」




当ブログも使用しているおすすめのWordPressテーマが「STORK」です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です