【遊戯王 初期】遊戯王の初期カードと2期はどう違う?見分け方について詳しく紹介!!




最初の遊戯王OCGであるVol.1が発売してから20年が経ちました。

今でも大人から子供まで大人気の遊戯王ですが、遊戯王カードの中でも特に初期カードや2期カードが一部のファンの間で人気があります。

この記事では、遊戯王カードの初期カードと2期がどう違うのか?その見分け方について詳しく紹介しています。

これを機に初期カードや2期カードをコレクションしようと思ってもらえると嬉しいです。

遊戯王 初期カードとは?

遊戯王の初期カードとは、1999年から2000年に発売された第1期シリーズのことを指します。

実際に該当するのは以下のパックやセットです。

Vol.1~7 1999年~2000年発売

通常の市販パックです。Vol.1~Vol.7までが存在しています。

現在でも未開封BOXは高額で、Vol.1は20万円以上の値が付くこともしばしば・・・

リミテッド・エディション1 1999年発売

週刊少年ジャンプ99年20号~25号で実地された応募者全員サービスのパックです。

遊戯、海馬、城之内の3パックが存在し、それぞれ3枚収録されています。

9枚とも当時の通常パックには収録されていないレアリティの「ウルトラシークレット」での収録でコレクターの間でも高い人気となっています。

スターターボックス 1999年発売

Vol.1が発売された翌月に発売されたのがこの、スターターボックスです。

カード以外にもデュエルをする上で必要なアイテムが付属しています。

EX 1999年発売

遊戯デッキと海馬デッキをイメージした2種の構築済みデッキと簡易デュエルフィールドとルールブックがセットになっている、初心者向けの商品です。

これさえあればデュエルが始められることから、当時人気の商品でした。

プレミアムパック1 1999年発売

かつて東京ドームで開催されたDM2の大会会場で限定販売された商品でしたが、混雑を理由に途中で打ち切られ、後日通信販売されています。

収録カードは全10種類。時の魔術師のみシークレットレアで他9枚はウルトラレアでの収録となります。

プレミアムパック2 1999年発売

1999年12月18日~19日に開催されたジャンプフェスタ2000の会場で限定販売されたパックです。

収録カードはレプリカカードでカードの左下には「Replica」の記載があります。レアリティは全種ウルトラレアでの収録。

プレミアムパック2は会場限定販売だったため、後に、レアリティを変更した状態で、ダークセレモニーエディションが一般発売されています。

ダークセレモニーエディション 2000年発売

ジャンプフェスタ2000の会場で限定販売された「プレミアムパック2」の収録カードが一般発売のパックで再収録されたのがこのダークセレモニーエディション。

「プレミアムパック2」からレアリティが、ウルトラレア→スーパーレアへ格下げになっています。

ブースター1~7 1999年~2000年発売

ブースターシリーズは、第1期と第2期でのみ、カード自販機で販売されていました。

100円で遊戯王カード3枚とルールカード1枚がセットになっています。

このブースターシリーズに収録されていたカードは他の初期カードと比べ流通している数が少なく、かなり高額で取引されています・

遊戯王 初期カードと2期カードの違い 写真で比較

真紅眼の黒竜 左が初期カード右が2期カードです

違い その1.型番表記の有無(カードNoの有無)

2期のカードを見るとカードイラストとテキストの間にカードNoが描かれています。これは2期以降のカードには必ず書かれています。

初期カードには、このカードNoの記載が一切ありません。

初期カード
「カードNoがない」
2期以降のカード
「カードNoがある」

違い その2.銀色シールの有無

カードの右下に銀色シールがあるものが2期以降のカードで、銀色シールが無いカードが初期カードとなります。

銀色シールは、コピー防止用のシールで、これが作られた理由は、遊戯王の爆発的人気が出るとともに、コピーカード(屋台レア)が増えてきたから。

当時はお祭りの屋台の景品として、偽の遊戯王カードが並んでいることがよくありました。(精巧な作りではないのですぐに見分けがつきます)

初期カード
「銀色シールがない」
2期以降のカード
「銀色シールがある」

違い その3. スタジオ・ダイス表記の有無(一部例外あり)

遊戯王カードには「スタジオ・ダイス版」と呼ばれるカードがあります。

「スタジオ・ダイス」という表記がカードの右下に記載があります。これは、2期以降のカードには必ず記載がされています。

初期にはスタジオ・ダイスと記載がないが2期にはある

表記はこんな感じです。

初期カードの表記
「(C)高橋和希/集英社」
2期以降のカードの表記
「(C)高橋和希/スタジオ・ダイス/集英社」

初期カードにはこの「スタジオ・ダイス」が“ほとんど”記載されていません。

“ほとんど”と言いましたが、実は初期カードにも「スタジオ・ダイス」が記載されているパターンがあります。

それはVol.4~7に収録されたカードです。

初版は通常版の表記でしたが、2期のカードが販売されてからの再販分に関しては「スタジオ・ダイス」と表記されるようになりました。

初期Vol.4収録のデーモンの召喚 再販分にはスタジオ・ダイスの表記がある

違い その4.テキストデザインが異なる

遊戯王カードのテキストデザインは初期カードと2期カードで大きく異なります。

画像を見ていただければわかりますが、以下の違いがあります。

初期カード
「○○族・説明文の欄が2期カードと比べて狭い」
「攻守の欄が2期カードと比べて広い」
「攻撃力・守備力表記」
2期以降のカード
「○○族・説明文の欄が初期カードと比べて広い」
「攻守の欄が初期カードと比べて狭い」
「攻・守表記」

遊戯王 最新弾情報/予約情報まとめ

\ 【PR】遊戯王カードの通販は駿河屋とトレトクがオススメ! /

トレトク

初回会員登録で200p(200円相当)が貰える!!

1500円以上の購入で送料が無料 遊戯王カードの取り扱いが豊富

  ★2019年10月発売!!「デュエリストカードプロテクター 六属性セット」についての記事はこちらから
デュエリストカードプロテクター 六属性セット

【遊戯王OCG 最新情報】「デュエリストカードプロテクター 六属性セット」が2019年10月19日に限定発売!シク仕様の「霊使い」6種が特典カードとして付属!

2019年7月24日
★2019年11月発売!!「20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX(モンスターアートボックス)」についての記事はこちらから

【遊戯王OCG】20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX が発売決定!付録カードに真エクゾディアが封入!

2019年4月28日
★2019年11月発売!!「PROPLICA デュエルディスク」についての記事はこちらから

【遊戯王 最新情報】PROPLICA デュエルディスクの販売受付が開始!内容は?予約情報は?

2019年3月23日
★2019年11月発売!!「デュエリストカードプロテクター 灰流うらら」についての記事はこちらから
遊戯王OCG デュエリストカードプロテクター 灰流うららが11月9日に発売決定

【遊戯王OCG 最新情報】「デュエリストカードプロテクター 灰流うらら」が2019年11月9日に発売決定!

2019年7月16日
★2019年11月発売!!「LINK VRAINS PACK 3(リンク・ヴレインズ・パック3)」についての記事はこちらから
LINK VRAINS PACK 3

【遊戯王OCG 最新情報】「LINK VRAINS PACK 3」が2019年11月23日に発売決定!

2019年7月23日
★2019年11月発売!!「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-」についての記事はこちらから
デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-

【遊戯王OCG 最新情報】「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-」が2019年11月9日に発売決定!

2019年7月23日
★2019年12月発売!!「ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シャドール-&デュエリストカードプロテクター 影依融合」についての記事はこちらから

【遊戯王OCG】「ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シャドール-」が2019年12月07日に発売決定!!内容は?予約情報は?

2019年8月6日
★2019年12月発売!!「遊☆戯☆王OCG レジェンダリー・ゴールド・ボックス」についての記事はこちらから

【遊戯王OCG】「レジェンダリー・ゴールド・ボックス」が2019年12月21日に発売決定!!最安予約は?

2019年9月28日
★2020年01月発売!!「遊☆戯☆王OCG ブースターパック エターニティ・コード」についての記事はこちらから

【遊戯王OCG】ブースターパック「エターニティ・コード」が2020年1月11日に発売決定!!最安予約は?

2019年9月28日
★2020年02月発売!!「レアリティコレクション プレミアムゴールドエディション」についての記事はこちらから

【遊戯王OCG】「レアリティコレクション プレミアムゴールドエディション」が2020年2月08日に発売決定!!最安予約は?

2019年10月18日







おすすめのWordPressテーマ「STORK(ストーク)」




当ブログも使用しているおすすめのWordPressテーマが「STORK」です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です